自分に合ったバイク選び。その1

さて、ハーレーを買うことは決心した。
でもどういうのを買ったら自分に合っているのでしょうか?最も基本的で重要な問題です。
中にはTC88を新車で3回も乗り継いだけれど自分にはしっくりこなく、結局つぎにはリジッドのパンヘッドにたどり着いた。
な〜んていう方もいらっしゃいます。

これは必ずしも特定の人たちだけのことではなく、現実に多くの方がそんなジレンマを抱えているんです。
せっかく大金を払って夢にまで見て購入したハーレーが、何となく自分のイメージしていたモノと違う?
かといって、自分に合ったハーレーが1発で見つかるかというと、そう上手くはいかないのも事実です。
購入価格と市場の売買価格が近いものであれば案外買い替えもあっさりいくのですが、それもなかなか難しい。

ここでは、最初からなるべく失敗することがないように、自分に合ったハーレーの選び方をレクチャーしてゆきましょう。
人間は欲張りな生き物です。実際に買おうと決めた瞬間からいろんなことが頭の中を駆け巡ります。

『旧いのはすぐ壊れてしまうんじゃないか?』『メカ音痴の自分の手に負えないんじゃないか?』
『出先でトラブッたらどうする?』『やっぱフルオーバーホール済みか?』『となるとセル付きの新車ってぇ〜ことか?』etc..。

...と考えだし、結局何でも揃っていて一見すぐには壊れなさそうな妥当なモノを探してしまい、結局、決意当初に思い描いていた
理想のハーレーとは遠くかけはなれた別物の『お便利くん』を買っちゃったりする方も多いんですね。
そうやって妥協に妥協をかさねてたどり着いたハーレーは、愛着がわく前に結局すぐに飽きてしまいせっかくの大金が水の泡。
買い替えようにもローンはタップリ残ってる、な〜んていう悲惨な結果を招きかねません。
ただ、ここで勘違いしてほしくないのは、ディーラーで新車を買うなと言っているのではないのです。
熟練の人でもTC88を好んで乗っている方も大勢いますから。新しい技術は歓迎されるべきものです。
自分に合ったバイクをなるべく最短で効率良くというお話です。
まず、心に刻んでほしいことは『何故、自分はハーレーに乗りたいと思ったのか?』という理由を明確に導き出すことにあります。

『小さい頃、近所のおじちゃんがFLHに乗っていた』『ハーレーで温泉とか行ったら楽しいだろうなぁ』『スタンドでキックしてた
姿が最高にカッコ良かった』『ナックルの造形が好き』『彼氏がハーレーに乗っているから』..etc....何でもアリです。

それを頭に入れながら『趣味はなるべく妥協しないで選ぶべきもの』という大前提を忘れないようにしましょう。

『何故、自分はハーレーに乗りたいと思ったのか?』『趣味はなるべく妥協しないで選ぶべきもの』この2点さえ気をつけて選べば、
きっと道のりは遠くないはずです。

その2へ続く
各エンジンの特徴
フレーム選び
どこで買えば良いの?